令和元年度全国学力・学習状況調査結果より

今年度の「全国学力・学習状況調査」の結果が公表されました。

全国の小学6年生と中学3年生合わせて200万人余りが調査対象です。

今回は、初の英語の調査が実施され、話題になっていました。

小学6年生の教科別正答率は、

国語が64%、算数が66.7%。

中学3年生の教科別正答率は、

国語が73.2%、数学が60.3%、英語の「読む・聞く・書く」が56.5%、「話す」が30.8%でした。

話すは低すぎですね!

 

都道府県別でみると、小学6年生のトップは国語が秋田県、算数が石川県でした。

中学3年生では、国語が秋田県、数学が福井県、英語が福井県神奈川県東京都が同率で並びました。

 

一番気になったのは、学習状況調査の中の、

新聞を読んでいますか」という質問に対し、

毎日読んでいると答えたのは、

埼玉県の中3生5万6千人のうち、

 

なんと3.5%だけ!全国平均でもわずか4.4%

読みましょう、新聞を!

 

 

そして、さらに驚きの質問がこれ。

月曜日から金曜日まででどのくらい家庭学習をしますか(塾・家庭教師を含んでもよい)

一番多かったのは・・・・・

 

 

 

1時間以上2時間未満でした。

これって、塾に通っている場合、中3だから週2から3日通っていると仮定して、ほぼ塾の勉強だけ?じゃないでしょうか。

30分より少ない人と全くしない人を合わせると約11%もいました!

逆に、毎日3時間以上学習できている人は12%

 

 

学習時間だけで判断するのは軽率ではありますが、選択肢の作り方から判断すると、

文科省から「中3のトップレベルだったら毎日3時間以上は勉強しなければね」ってメッセージを読み取ることもできますね。

トップレベルを目指す人は、中2から中3春くらいの学習時間の一つの目安としてみてくださいね。

この調査は新年度直後の4月16日のものですから、今現在はもっと少し数字が増えています。

そして、入試まで少しずつ増え続けていきます。

↓参考リンク

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/gakuryoku-chousa/sonota/1419141.htm

 

 

前の記事

びっくりした!

次の記事

できる子の秘密