予行演習

最近は早朝に車に乗ることがないので

 

今朝車の中の温度計に表示された数字を見て驚いた。

 

マイナス4℃!

 

日が昇ってくると暖かくなるのだろうけれども

 

これは寒い。

 

橋の上とか危険だろうなと考えながら運転する。

 

ふと受験当日のことを考える。

 

受験当日の朝はいつだってとても「寒い」。

 

凍てつく寒さの中

 

校門の辺りで、教え子の到着をじっと待つときの

 

あの寒さと今朝の寒さは同じだと思う。

 

この寒さこそが私たちを引き締めてくれる。

 

 

 

今日は朝から入試の予行演習だ。

 

入試時間と同じ時間帯で過去問を解く。

 

いつも夜に過去問を解いていると

 

朝解くときに感覚がずれてしまう。

 

本番は午前中に勝敗を決することになる。

 

また、自分本位の主観に頼っていると

 

ずれていることの修正も難しい。

 

何よりも予行演習をやったという経験が重要だ。

 

運動会だってぶっつけ本番では心配だから

 

予行演習をするのだ。

 

ここで改善点を見つけて

 

試験当日までにしっかりと改善する。

 

私立第一志望の受験生はもちろんだが

 

公立志望の受験生も同じだ。

 

最初が肝心。

 

 

 

 

事情があって

 

昨日実施した受験生がいた。

 

受験直後の感想では

 

どの教科の手ごたえも同じくらいとのことだった。

 

合格ラインの180点に届いているかどうかは

 

あまり自信がないとのことだった。

 

さて、採点してみるとその予想とは大きく異なっていた。

 

国語53点

 

数学98点

 

英語78点

 

合計229点だった。

 

合格ラインを大きく上回っている。

 

だが、バランスが悪い。

 

このギャップが今回の一番の収穫だろう。

 

居心地の良い自宅で解く過去問と

 

私が試験監督をして圧をかける状況下での

 

過去問では全く違う。

 

採点も厳しめにさせてもらう。

 

試験後いろいろとアドバイスをした。

 

話し終わった後の表情は

 

晴れやかになっていた。

 

大丈夫だ。

 

かならず合格しよう!

 

 

 

さて、現在3時間目の最中だ。

 

今日の予行演習の経験は必ず活きてくる。

 

窓から日が差していてポカポカと暖かくなってきた。

 

今日帰るときには、来たときよりも少しだけ成長していることだろうな。

 

受験生は今が成長期なのだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、話は変わって面白い動画の紹介。

 

クラスでやってみたらいいかも。

https://www.facebook.com/100028320610172/videos/730405841246763/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

電気ケトル

次の記事

天才