世界で一番偉い人

偉人伝に心動かされた少年が、

 

得意げに聞いた。

 

「世界で一番偉い人は?」。

 

母は答えた。「食べ物を作る人」。

 

どんなに偉くても、

 

食べなければ生きていけない。

 

人生に苦しむときでも、

 

食べなければ、悩めない、と。

 

生意気盛りの鼻は一発でへし折られた。

 

 

“少年”だった民俗研究家の結城登美雄氏が述懐している。

 

 

『人間のため』の視点で見れば、何をすべきか見えてくる。

 

 

本年もすでに、収穫が始まっている。

 

 

華々しい仕事には程遠い、地味な作業。

 

 

しかし、「何のため」を見失わない姿勢は常に輝くものだ。

 

 

 

 

さて、話は変わって映画の話。

 

「翔んで埼玉」という映画を観た。

 

観たというよりも、聴いたという方が近い。

 

保護者会の資料を作成しながら、BGMのようにかけていた。

 

埼玉県をけなす内容なのだが、

 

ここまでけなされてしまうと

 

不思議と腹が立たない。

 

一番笑えたのは、東京都民の中に紛れ込んだ埼玉県民をあぶり出すため、

 

踏み絵ならぬ、「踏み草加せんべい」が行われた場面。

 

ホント笑えます。

前の記事

見やすく、美しく

次の記事

確率