一生もの

社会人になった頃、

 

どうしても欲しいものがあった。

 

一生ものの腕時計。

 

一生ものって言葉の響きは

 

まだまだ先が見えない新米社会人に

 

想像すらできない果てしない未来への

 

期待感を持たせてくれた。

 

 

 

色々調べ、

 

これだというものに出会えた。

 

以来20年以上使用し続けている。

 

オーバーホールも何度かやった。

 

現在も時間の狂いもほとんどなく、

 

まだまだ問題なく使用できている。

 

 

 

さて、

 

一生ものは、

 

形あるものに限ったわけでない。

 

形のないものだって一生ものがあるのだ。

 

 

たとえば

 

経験を通して

 

得ることができた

 

価値観やものの考え方、人のつながりは

 

一生ものであることが多い。

 

 

クラブ活動などで得られることもあるだろう。

 

厳しい練習を重ね、

 

技術とともに育んだ忍耐力は一生ものだろう。

 

他の活動に応用もきくだろう。

 

 

 

学習だって同じだ。

 

受験を通して

 

身につける

 

学習方法。

 

時間の作り方や

 

暗記の仕方などは

 

他のことに応用がきく。

 

 

 

そういう意味では

 

少年少女時代の

 

学習やスポーツなどに

 

徹して取り組むことで

 

得られるものは

 

一生ものと呼べるだろう。

 

 

 

3月5日から新年度が始まる。

 

辻本塾で

 

一生ものの

 

かけがえのない経験を

 

いっしょに

 

つくりあげていこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前の記事

友情

次の記事

一見遠回りに見えても