一流

帝国ホテル元社長の犬丸徹三氏は

 

東京高等商業学校(現・一橋大学)を卒業後、

 

ホテルに就職し、

 

ボーイ、コックなどの仕事に就いた。

 

当時は職業への偏見が根強く、

 

先輩からは“君の仕事は光輝ある母校の名を汚すもの”

 

と詰め寄られたことも。

 

しかし氏は意に介さず、

 

コックの腕を磨こうと英国に渡った。

 

そんな氏に与えられた仕事は窓拭き。

 

毎日同じことの繰り返しが続く。

 

思わず初老の同僚に不満を漏らした。

 

すると同僚は汚れたガラスと拭き終えたガラスを指さす。

 

そして“きれいになれば限りない満足を覚える。

 

生涯の仕事に選んだことを少しも悔いていない”と。

 

その誇り高さに氏は衝撃を受けた。

 

以後、どんな仕事も誠実に取り組み、

 

一流のホテルマンとなった。

 

【帝国ホテルにて

マリリン・モンローとジョー・ディマジオを案内する犬丸徹三氏】

 

 

どんな仕事でも心を込め、

 

立派に仕上げれば、

 

人間が磨かれ、

 

信用もついてくる。

 

 

 

一流と言われる会社にいる人が、

 

一流なのではない。

 

『一流の人間』が働いている会社こそ、

 

どこであれ、何であれ、

 

一流なのである。

 

会社だけではない。

 

学校も同様だ。

 

 

新しい挑戦が始まって半月が経過した。

 

慣れないことで緊張の連続かもしれない。

 

だが“ここでがんばる”と決め、

 

誠実にやり抜くことだ。

 

その人が、いつかそこを輝かせる一流の人になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、話題は変わって最近読んだ本の紹介。

 

[又吉直樹]の劇場(新潮文庫)

芸能人の書いた本ということで

 

最初は少し構えて読み始めた。

 

読み進めるとどんどん世界に引き込まれていく。

 

ついには止められなくなって一気読みしてしまった。

 

何物にもなれる、なんだってできる、

 

青春時代の終わりはその感覚との葛藤だ。

 

悩み、もがき、苦しみ、答えは自分で出すしかない。

 

主人公のあまりの不器用さに不覚にも涙が出てしまう。

 

以前読んだ同じ作者の作品の「火花」よりもこっちのほうがよかったと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

インプットとアウトプット

次の記事

正解と不正解