一条寺下り松の決闘

宮本武蔵の決闘で

 

吉岡一門70名と武蔵一人が戦う一条寺下り松の決闘ってのがある。

 

 

 

名門道場、吉岡一門の70名

 

VS

 

武蔵。

 

 

 

武蔵は命を捨てる覚悟で挑む。

 

一方、吉岡一門70名はどうだろうか

 

多くがこう思っていただろう、

 

まさか自分が戦うはずがない、

 

だって70人の猛者たちが相手なのだから。

 

衆に頼んで油断をしていた。

 

死ぬ気の武蔵は次々に斬る、

 

圧倒的な当事者意識の違い。

 

吉岡一門の頭の中にあったのは、

 

大企業的なワンオブゼム精神。

 

一方の武蔵は最初から死ぬ気の覚悟。

 

そこが勝負を分けた。

 

実に痛快!

 

 

 

 

当事者意識の違いが勝敗を分ける、

 

 

 

 

剣の世界に限らず、

 

どんな勝負にも言えるだろう。

 

 

 

前の記事

中3ガイダンス実施

次の記事

英作文は英借文