一日一日

新庄剛志さんのファイターズ監督就任にたいしては

 

好意的な意見が多いように思う。

 

私はそれほど野球に詳しくない。

 

現役時代の新庄監督に関しても

 

実際のプレーを見ていたというよりも

 

インタビューなどでの

 

イケメンぶりなどをみていたほうなので

 

野球ファンの人からすると的はずれかもしれないが

 

なんとなく

 

新庄監督は巨人の星の花形満とキャラがかぶって見える。

ツッコミどころ満載!マンガ『巨人の星』は最高におもしろい!!第2回 by doraemon - potaru(ぽたる)

イケメンで華があるところなどが。

 

実際のところ

 

花形満には2代目ミスタータイガース呼ばれていた村山実さんというモデルがいたのだけれども。

 

しかし、新庄監督がものすごい努力家だと聞いたときに

 

花形満もああみえて実はものすごい努力家であったこと思い出して

 

さらにキャラがかぶるように思えた。

 

 

 

さて、新庄監督はこれまでの監督が思ってみなかったような角度から、

 

発言している。

 

驚いたのが

 

優勝なんか一切目指しません」という発言。

 

プロであるならば

 

優勝をみんなが目指すことで競争が成立する

 

という考えは正論であろう。

 

受験生でたとえるならば

 

「合格なんか一切目指しません」

 

と言っているようなものだろう。

 

しかし、新監督新庄剛志はこう言った。

 

高い目標を持ちすぎると、選手はうまくいかないと思う。

 

一日一日、地味な練習を積み重ねてシーズンを迎えて、

 

試合を積み重ねて、勝った勝った勝った…

 

それで9月に優勝争いをしていたら、さぁ、

 

優勝を目指そうと。そこでの気合の入り方が違うから

 

 

 

 

新庄監督は人一倍負けず嫌いだと思う。

 

そして人一倍現実主義者でもあると思う。

 

だからこそ彼一流の型通りの挨拶として

 

「もちろん優勝を目指します」でなく、

 

選手にとっても、球団にとっても、ファンにとっても、

 

メディアにとっても、そしてじぶん自身にとっても、

 

最も「本気でやれそうなこと」を言ったのだろう。

 

そのときどきの「リアル」を見ようというわけだ。

 

努力の先に優勝があるかどうかは分からない。

 

運も味方しなければ優勝はできるものではないからだ。

 

しかし、優勝するものは須らく努力をしている。

 

そんなことが言いたかったのだろうと

 

私は理解している。

 

 

 

 

 

優勝を目指すと言っておきながら

 

日々の努力を怠っていたり

 

ふがいない成績を取っていたり

 

本当に優勝できなかった場合を想像してほしい。

 

優勝は霞の向こうにおぼろげにみえる夢になってしまうだろう。

 

そうなると

 

本気で優勝を目指すことさえできなくなってしまう。

 

優勝を目指す自分になることが目標になったりする。

 

結果的にどんどん優勝が遠ざかってしまう。

 

 

 

 

 

日々死力を尽くしてやれるだけのことをやろうよ。

 

そうすれば少しだけ成長ができる。

 

その成長が積もり積もれば大きな力となる。

 

ずっとずっとそんな日々の努力を絶え間なく重ね続けていこうよ。

 

本気で強くなろうよ。

 

結果は後からついてくる。

 

だから

 

優勝もできないわけがない。

 

新庄監督のメッセージをそういう風に解釈している。

 

 

 

 

「合格なんか目指していません」

 

と言い切った受験生に出合ったことはない。

 

でも、向かい合って乗り越えるべきものがあるのならば

 

新庄監督のように日々死力を尽くすことこそ大事にすべきだ。

 

そんな生徒には

 

勝ち組も負け組も、親ガチャも

 

無縁のことばだ。

 

そんな受験生に出合ってみたいな。

コメントを残す

前の記事

次の記事

手帳