ライバルはピカソ

日本画家の朝倉摂さんは、子ども時代から絵画に没頭していた。

 

10代のころ、夜、地球の反対側では、

 

まだ現役だった巨匠・ピカソが描いているかと思うと、

 

居ても立ってもいられず、徹夜で絵を描いたという。

 

 

 

ピカソをライバル視して一晩中絵を描き続ける10代の学生って、

 

とてつもないほどの意識の高さではないだろうか。

 

 

 

本気でメッシを意識して練習に励むサッカー少年が

 

どれくらいいるのだろうか。

 

 

本気で大谷翔平に勝とうと思っている野球少年が

 

どれくらいいるのだろうか。

 

 

学習に置き換えてみよう。

 

難関と呼ばれる学校に合格するという志は

 

朝倉さんからみればさほど高いものではないだろう。

 

 

 

 

影響を受け、尊敬する人物が偉大であればあるほど、

 

自分も成長しようという意欲は、ますます強くなる。

 

 

 

 

あなたには尊敬する偉大な人物がいるだろうか。

 

 

 

 

 

「他人の仕事を見るのは勉強になる。これから勉強することは、いっぱいありますよ

 

これは80才を過ぎて文化功労者になったときの朝倉さんのことばだ。

 

 

 

高い志を掲げて、

 

謙虚な気持ちで

 

日々自分を磨き続ける、

 

そんな生き方は尊く美しい。

 

 

 

 

 

 

話は変わって、大学の話。

 

大阪府立大学と大阪市立大学が合併して

 

2022年4月に大阪公立大学という巨大な大学ができる。

 

その英語の名前で大阪大学ともめているようだ。

 

同じ名前というのはいかがなものだろうか。

http://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/topics/2020/08/20200806?utm_source=dlvr.it&utm_medium=facebook

 

 

前の記事

こころ

次の記事

夢は大きく