ホンネとタテマエ

「建前なんか捨てて、本音で生きよう」と、人はしばしば口にする。

 

それに対して、暮らしの手帖創刊者の花森安治は

 

「建前と本音というが、

 

建前は通すべきである。

 

本音とは弱音のことだ」と指摘した。

花森安治 特設サイト - 『暮しの手帖』初代編集長

 

花森のいう「建前」とは、

 

自らの日常を律する規範。

 

「本音」とは、

 

ついポロリとこぼれ落ちるグチや不満……。

 

日本人のそんな心の内側を、

 

花森は鋭く見抜いたのだろう。

 

 

 

本音が〝弱音″になってしまうのは、

 

心が後ろ向きだからにちがいない。

 

逃げ腰ならば、

 

ちょっとした困難もグチの種になりがちだ。

 

建前が窮屈に感じられるのも、

 

いやいや従わねばならぬ

 

〝外的規範″と受け止めているからだろう。

 

そもそも、

 

建前と本音に二極分解している心の状態こそが、

 

問題なのではないか。

 

 

 

学業にしろ仕事にしろ、

 

人は責任をもって成し遂げねばならぬ課題がある。

 

それに全魂をもって、

 

真正面から立ち向かうとき、

 

人は思いも寄らぬ〝新しい力″を、

 

自らの内に発見することだろう。

 

 

 

「君の眼差を内側に向けたまえ、

 

そうすれば君の心の中に/

 

未発見のあまたの領域が、/

 

きっと見つかるはずだ」(W・ハビングトン、酒本雅之訳)

 

〝新しい自分″を目指して、

 

弱音を吹き飛ばし、

 

心のパワー全開の日々を!

コメントを残す

前の記事

追い込め

次の記事

とことん