ベッポおじいさんの教え

ドイツの作家ミヒャエル・エンデの作品『モモ』に、

 

道路掃除人のベッポというおじいさんが登場する。

 

ある日、彼がモモに、自分の仕事の話を始めた。

 

いわく、非常に長い道の掃除を受け持つときがある。

 

“とてもやりきれない”と思いつつ、せかせかと始める。

 

時々、顔を上げるが、ちっとも進んでいない。

 

心配でたまらなくなり、

 

ものすごい勢いで働くが、

 

やがて疲れ果ててしまう――ここで彼が一言。

 

 

 

「こういうやり方は、いかんのだ」

 

 

しばらく黙った後、彼は口を開く。

 

「いちどに道路ぜんぶのことを考えてはいかん、わかるかな?

 

つぎの一歩のことだけ、

 

つぎのひと呼吸のことだけ、

 

つぎのひと掃きのことだけを考えるんだ」

 

「するとたのしくなってくる。これがだいじなんだな」

 

先のことを思い煩って焦るより、

 

足元を見つめ、

 

「今」を大切に生きることで心は豊かになると、

 

エンデは訴えているのだろう。

 

 

不安の中で

 

最後の追い込みをしている受験生にだけでなく、

 

日々の忙しさの中で、

 

足元の幸福を見失いがちな現代人への警鐘にも思える。