プラレーラー

プラレールってご存じですか。

 

電車のおもちゃですよね。

 

5つ年下の私の弟はそれで遊んでいました。

 

いっしょにコースを作ったりしたのを覚えています。

 

 

 

そのプラレールを仕事にした人がいます。

 

「プラレーラー」と呼ばれているそうです。

 

 

幼少期からプラレールが大好きで

 

大人になって

 

それを仕事にした人をイメージしますよね。

 

でも

 

それは違います。

 

ご本人曰く

 

「大学時代ブックオフでバイトをしていた時に、

 

たまたまプラレールの本をちらっと見て、

 

そのページに、「プラレールの専門家は、今いない」

 

みたいなことが書いてあったのを思い出したんです。」

 

とのこと。

 

「もし失敗したら、ホームレスになろうという覚悟でした。

 

そういう人生もあるでしょうしね」

 

「振り切ってみようみたいな。

 

人生棒に振るならフルスイングで!

 

なんだかワイルドな感じですね。

 

「その時に、1年間でプラレールの動画を1000本作ろうって目標を立てて。

 

それで何が起きるか実験してみようと。」

 

かっこいい生き方ですね。

 

誰もやったことのないことを

 

職業にしてみようという

 

チャレンジ精神がいいですね。

 

まさに

 

人生のレールを自分で敷いてみる

 

という感じですね。

 

ただし、

 

相応のリスクと努力は必要となります。

 

今後のますますのご活躍を期待してます。

 

リンク↓

https://www3.nhk.or.jp/news/special/news_seminar/senpai/senpai29/

前の記事

AIを打ち負かすのは不可能

次の記事

思わず笑ってしまう