ファイト!中1男子たち

1学期の期末テスト、不本意な成績をとってしまった中1男子SくんとHくん。

2学期に雪辱を果たすため、夏期講習受講中。

 

塾の近所に住んでいるHくんは毎日自習に来ている。

聞いてみると、今まで学習習慣というものがなかったとのこと。

そこから考えると、進歩していますね。

 

初日の授業、国語は漢字など知識系の暗記方法のトレーニングをしてみることに。

1年生の女子たちには必要ないかなって思ったけど、いやいや、最初が肝心、これは全員に必要なんだって自分に言い聞かせる。

 

覚えるって、書いて覚えるとか赤シートで覚えるとかあるけれど、

まずは、その気にならなきゃ始まらない。

ざるにどんなに勢いよく水を注いだって溜まらない。それと同じ。

 

全問正解!よかった!!最高!!!って感じになれば、ドーパミンもでてきて、もっともっとってなる。

不合格!残念!!くやしい!!!って感じになったら、次の合格が格別になる。

彼らは、まずはそこから始めなければということで、暗記方法の授業はそこから始めることに。

感情全開、本気モード。

ヒトは感情で動く。学習だってなんだってそう。

 

講習中は75分授業でやっているけれども、お互いあっというまに時間が過ぎていく。

帰るとき、Sくんが「テキストの漢字、全部練習してきていいですか?」って聞いてきた。

「いいよ。」って軽く答えておいたけれど、内心は彼の本気に嬉しかった。レスポンスいいね。それも才能だよ。

これが本当の意味での課題。与えられるものではなく、自分で考える。

やるべきことがみえていれば、やるべきこともわかる。っていうかみようとしていれば誰にでもわかる。

やらされているのでなく、じぶんからやっているならば、わかる。

当事者意識があるかどうか。できるようになりたいのかって気持ちの問題。

これは一人で育もうとしても、なかなか難しい。

方法があるわけでもない。

強いて言えば、本気と本気のぶつかり合い、融合、化学反応・・・

 

オープンからしばらくは募集のことばかり考えていた。

というか今も考えている。

 

でも、本気がぶつかってくるこの感覚って、たとえようもなく面白い。

それらを受け止めてみたり、くすぐってみたり、たきつけてみたりする。上下左右に移動しながら。

経験が活きることもあるけれど、同じ生徒って一人もいない。新発見することばかり。

これだから塾はやめられない。

 

今は目の前のことに集中しよう。道が開けてくるって信じて。

 

前の記事

キラキラと輝く未来を

次の記事

びっくりした!