バレリーナ

習い事は

 

中学入学に際して

 

分かれ道がやってきます。

 

継続するのか

 

それともしないのか。

 

 

中学生は

 

部活動もあるので

 

習い事から部活動に切り替える人もいます。

 

中学生は定期テストなどもあり、直前期も習い事があると

 

かなり大変です。

 

その点部活動は定期テスト前には活動停止期間もあります。

 

だから、習い事を継続するという決断は

 

覚悟が必要なのです。

 

継続ではなく、

 

中学生から新しく

 

クラブチームなどの習い事を

 

はじめる子もいますが、

 

実際、中学生活とそういった習い事の両立は結構大変なことです。

 

 

 

 

サッカー、野球、バレーボール、バスケットボール、テニス、バドミントン、

 

水泳、卓球、柔道、剣道、陸上、ダンス、相撲、アイスホッケー、ラグビー

 

チアリーディング、新体操、ゴルフ、ハンドボール、体操、レスリング、空手、

 

バトン、文化系ではピアノ、バイオリン、合唱、将棋、書道

 

今まで指導したことのある生徒の

 

中学時代のさまざまな習い事です。

 

これらは

 

本気で向かい合えば向かい合うほど、

 

普段の学習や受験勉強との両立に悩むことになるジレンマが生まれます。

 

 

 

バレエをやっている子はみんないい子で根性がある。

 

昨年2名のバレリーナがそのことを私に教えてくれました。

 

タイミングが合わずにうまくいかないことがあったとしても

 

彼女たちならば大丈夫。

 

長い目で見るならば

 

成功が持ち越されただけなのですから。

 

このことは確信をもって断言します。

 

あの

 

ひたむきに

 

かつ

 

おおらかに

 

努力を

 

重ねてきた日々を

 

知っているから

 

間違いありません。

 

 

 

中3の10月にバレエの発表会があり、

 

主役であるエラの役(大役)を演じた子がいます。

 

発表会に向けた練習は当然のことながらハードです。

 

でも、

 

志望校も

 

ハードルを上げ

 

都内の最難関高校に

 

上方修正し

 

猛スパートを始めたのが昨年の今頃。

 

果たして間に合うのだろうか?

 

不安がいっぱいだったと思います。

 

でも

 

バレエも受験も

 

結果がどうであれ

 

もし挑戦しなければ

 

きっと後悔していたはずです。

 

そういう子です。

 

 

 

昨日

 

塾に遊びに来てくれました。

 

正確にいうと

 

私が不在だったので

 

手紙を置いてくれました。

 

 

 

ああ、あの子の字だ。

 

この筆跡だ。

 

字を見て

 

脳裏にいろいろな記憶がよみがえってきました。

 

ありがとう、

 

ありがとう。

 

 

 

やっぱりenjoyしていますね。

 

入学してよかったと思えていますね。

 

言ったとおりでしょ

 

本当によかった。

 

かけがえのない友だちもいっぱい作っていくことでしょう。

 

学習は地盤沈下しなければ大丈夫。

 

お茶漬けたちにも負けるな!

 

今まで一度も応援に行けていないけれども

 

バレエもガンバレエ!

 

これからもずっと応援していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

前の記事

スティーブ・ジョブズ

次の記事

日本地図