タイミング

進学イベントの重要性は今更言うまでもない。

 

高校受験の場合、

 

説明会や見学会、個別相談会など。

 

ただし、

 

物事にはタイミングがあり、

 

それ次第で

 

成否を分けることにもなる。

 

基本は先手必勝。

 

小学生だって高校選びしてもいいし、

 

決して早すぎることはない。

 

現に、

 

浦和高校や浦和一女では、

 

小学四年以上を対象に

 

説明会を実施している。

 

 

一昨日、

 

川越プリンスホテルで

 

私立高校の個別相談会を実施した。

 

多数の私立高校の入試担当の先生方にお越しい

 

ただき、熱い個別相談を実施。

 

会場内は緊張感、私学の本気の情熱など、独特

 

の熱い空気感に包まれていた。

 

うちの塾の中学三年生も参加。

 

あといくつ成績をあげたら

 

基準クリアとか、

 

高校の入試担当の先生から

 

直接言われる。

 

それは、

 

どんな激励にも勝る発奮材料。

 

塾の先生から言われるのとは

 

全然重みが違う。

 

受験生だけでなく

 

保護者にも刺激を与えてくれる。

 

印象的だったのは

 

涙を流していた方。

 

涙には、

 

マイナス思考の涙とプラス思考の涙があるが、

 

間違いなく、あの涙はプラス思考の涙。

 

 

昨日

 

いろいろな親子を見ていたら

 

最初は、緊張している受験生と保護者が、帰る

 

ときには、笑みを浮かべている。

 

その目には、希望が光っている。

 

これでいいのだ。

 

これが狙いだから。

 

今までの反省をして、

 

改めるべきところは改めて、

 

新たなスタートを切る。

 

やれるだけやってみて、

 

成績を伸ばして、

 

もう一度個別相談に行く、

 

今だからこそ

 

まだまだ伸びる時間がある。

 

諦めなくていい。

 

挑戦者になるんだ。

 

これが

 

正しいやりかた。

 

今動かなければ

 

何も変わらない、

 

10月が始まった。

 

夏は終わった。

 

さあ、ラストスパートだ。

 

頑張れ、受験生。

 

応援しているよ。

 

前の記事

消しゴム