サクラサク

ららぽーと近くのごみ処理センター入り口には

 

大きくて立派な桜の木が何本も生えている。

 

本日、開花していた。

 

満開にはまだ早いが美しく咲いていた。

 

サクラサクという文は

 

合格したことを表すのだが、

 

これは遠方受験者に合否を伝えた

 

合格電報のメッセージだ。

 

早稲田大学が最初だと言われているが、

 

大学ごとにメッセージが異なっていた。

 

例えば、

 

東京大学では「アカモンヒラク」が合格、

 

お茶の水女子大学では「オチャカオル」が合格、

 

北海道大学は「ツガルカイキョウナミタカシ」が不合格などなど。

 

 

 

辻本塾1期生の高校入試が全て終了し、

 

ささやかながら、

 

門出を祝う会を催した。

 

昨年の夏から短い期間ではあったが、

 

濃密な時間であったと思う。

 

私立高校進学予定者は3名。

 

淑徳巣鴨高等学校

 

狭山ヶ丘高等学校

 

松商学園高等学校(長野県)。

 

公立高校受検者は2名。

 

全員合格。

 

市立浦和高校、

 

坂戸高校。

 

少人数だったが、

 

全員の進路決定までの

 

ドラマは生涯忘れない。

 

大ベテランの先輩塾長先生が、

 

「最初の受験生のことは今でも

 

鮮明に覚えているよ」

 

とおっしゃっていた。

 

今はその通りだと分かる。

 

忘れることはない、

 

この日の

 

この気持ちを。

 

みんな、

 

本当におめでとう!

 

 

次の記事

自分がどうあるべきか