コロンブスの卵

「コロンブスの卵」という言葉を

 

聞いたことがあるでしょうか。

 

「誰にでもできることでも、

 

最初に実行し成功するのは難しい」

 

という意味で使われます。

 

 

 

大西洋航路を発見したコロンブスが、

 

成功をねたむ人々にたいして

 

「卵を立ててみてください」といい、

 

誰にもできなかったところ、

 

殻を一部わることで簡単に立ててみせた。

 

↓のように。

 

それなら誰にでもできると主張した人々に対する

 

見事な反論の逸話です。

 

 

 

このエピソードを知っている人は、

 

「タマゴは立たない」と思っているでしょう。

 

このときのたまごは「ゆで卵」だったのですが、

 

実は「生卵」なら底をつぶさなくてもふつうに立ちます。

 

知っていましたか?

 

 

 

さっそく実験してみましょう。

 

■必要なもの、

1. 新鮮な生卵

2. 根気と集中力

 

新鮮なたまごの表面はざらざらしていますが、

 

これが重要。

 

あとは指先で重心を意識しながら、

 

バランスをとる。

 

たまごによって立ちやすい立ちにくいものがあるので、

 

何個かためしてみるといいでしょう。

 

 

 

たまごが立つことを信じている

 

又はたまごが立つことを知っている子は

 

成功させるのが早い。

 

半信半疑な子はすぐに諦めちゃいます。

 

他の子がたまごを立たせるのに成功したのを見て

 

「ほんとにできるんだ」と分かってからようやく成功させます。

 

 

 

 

 

実はこのことは、学習にもあてはまります。

 

「この勉強を頑張って続けていたら

 

必ず上手くいくんだと信じて

 

又は知っていて取り組んでいる人は、

 

受験でも何でも成功しやすい。

 

この感覚が分かれば、

 

今よりももっと勉強ができるようになりますよ。

 

まずは、たまごを1個立ててみましょうか。

 

 

 

やればできる、かならずできる、ぜったいできる

 

この気持ちを持って進んでいこう!!

前の記事

希望を持つ

次の記事

笑い