ゲーマーには元成績上位者者が多い

中学時代にクラスで上位だった生徒が

 

高校に進学したとしよう。

 

中学校でのクラス順位は

 

上位のプライドが保てていた。

 

周りからもすごいねって言われていた。

 

しかし

 

高校はどこでも似たような学力の生徒が集まってくるので

 

入試が終わって一休みって

 

ちょっと気を抜いていると

 

すぐに「地盤沈下」がおこってしまう。

 

高校入学後に

 

成績不振に陥るようなときには

 

どう考え

 

どう対応するのか

 

それによって

 

それ以降の高校在学中の学力のみならず

 

進路に

 

大きく違いが生まれる。

 

 

 

高校の授業速度は

 

公立中学を普通電車に例えるならば

 

急行電車や特急電車だ。

 

入学後に「地盤沈下」を感じたときに

 

すぐ

 

対処できるならばなんとかなるだろう。

 

しかし、

 

あきらめたり

 

面倒くさがったり

 

何も行動を起こさなければ

 

すぐに置いてけぼりになってしまう。

 

中学のときと比べると落ちこぼれになるまでの

 

期間が圧倒的に短い。

 

なぜなら

 

高校は急行電車や特急電車だから。

 

 

立ち止まっていたら

 

すぐに見えなくなってしまうんだよ。

 

追いつくには

 

急行や特急よりも

 

速いスピードでなければ

 

追いつくことができないんだよ。

 

かなり大変なことだ。

 

 

だから

 

最初から

 

振り落とされないように

 

キモチの準備と

 

授業の準備を

 

しっかりしてから

 

入学しなければいけないんだよ。

 

 

 

さて、

 

佐藤優氏が言っていたことで

 

ああなるほどって思えることがある。

 

それは

 

学業で思うような成績が取れなくなった子で

 

ゲームの世界に浸ってしまう子は

 

多いんだって話。

 

ゲームだったら

 

トップが取れるし

 

思うように

 

成長できるからね。

 

 

高1の夏なんかは

 

勉強がダメなゲーマー誕生の

 

要注意の時期らしい。

 

 

前の記事

フィンランドの教育

次の記事

柳井正氏の怒り