キセキ

生物学の観点からいえば、

 

 

人間として生まれる確率は、

 

 

当選金額1億円の宝くじを

 

 

100万回連続で当てるよりも、まれであると言われている。

 

 

 

ならば、“その「大いなる奇跡」を経て、この世に誕生した

 

 

人間同士の出会いとは?”と考えてみる。

 

 

家族になる確率、

 

 

友人になる確率などなど。

 

 

そして、数ある塾の中から選んでもらう確率。

 

 

 

 

もはや、あらゆる尺度をはるかに超え、

 

 

感動と感謝の思いしか湧かない。

 

 

気の遠くなるような確率の貴重な出会いに感謝し、

 

 

通ってもらっている生徒たちを大切に育んでいきたい。

 

 

心底そう思える。

 

 

 

 

 

 

さて、話は変わってファッションの話。

 

 

ユニクロの服って

 

この画像にあるようなかぶることの気まずさを

 

克服しているような気がする。

前の記事

音楽のチカラ

次の記事

気持ちがこもったもの