カキ

カキのおいしい季節です。

 

カキは私の好物の一つです。

 

カキの養殖と言えば、広島県ですね。

 

日本の全養殖量の約60%くらいが広島産です。

 

ダントツで全国一のカキ養殖量を誇る広島県。

 

身を大きくするのに必要な、大切な工程があります。

 

それは「抑制」と呼ばれています。

 

カキの幼生を“潮の干満にさらす”ことを言います。

 

わずか約0・3ミリの幼生は、

 

外気に当てるなど厳しい条件の中で育てることで、

 

カキが大きくなり過ぎない他、

 

環境への変化への抵抗力を付けさせて、

 

丈夫なカキに育てる事ができます。

 

何よりも、そうすることで

 

濃厚な味わいと豊富な栄養分を持つようになるのです。

 

 

 

人も、カキと同じように

 

苦しい環境にさらされることで、

 

タフで他人の痛みの分かる

 

味わい深い人間に育つことができるはず。

 

 

 

とはいっても、

 

苦しい環境は

 

誰だって逃げたしたくもなってしまいますね。

 

 

 

昔流行った歌の歌詞に

 

こんなのがあります。

 

『負けない事

 

投げ出さない事

 

逃げ出さない事

 

信じ抜く事

 

駄目になりそうな時

 

それが一番 大事』

 

 

 

夜明け前が一番暗いのです。

 

ガンバレ、受験生!

 

http://www.hs-gyoren.jp/make.html

前の記事

英検対策

次の記事

フィレンツェ