まねぶ

清少納言は、オウムが人のまねをすることを

 

「人のいふらむことをまねぶらむよ」と書いているが、

 

「まねぶ」の本義はまさにここにあり、

 

まねをするという意味だった。

 

 

優れた人の模倣を重ねる中で、

 

人は多くのことを学び、

 

成長していく。

 

そこから新たな自身の可能性も発見できる。

 

 

受験生のみんな、

 

合格をつかみ取った先輩たちは

 

最後の最後まで

 

希望を持ち続け、

 

努力を重ね続けていた。

 

 

 

自分一人だけじゃないんだ。

 

みんな乗り越えてきたんだ。

 

先輩たちから『まねぼう』!

 

ガンバレ、受験生!

前の記事

胸突き八丁

次の記事

ガーン