まず始めてみる

何を書こうか、あれこれ悩んでも考えがまとまらない。

 

そんな時は、取りあえずパソコンの画面を開き、

 

書きだしてみる。

 

すると、それにつられるようにアイデアが浮かび、

 

文章が出来上がる。

 

案ずるより生むがやすしとはよく言ったものである。

 

 

 

歴史学者のトインビー博士は、

 

毎朝9時ごろには、

 

気分が乗っていようがいまいが、机に向かった。

 

「仕事をしたい気持ちになるのを待っていたのでは、

 

いつまでも仕事はできない」と。

 

この職業的体験には裏付けがある。

 

認知心理学で「現状維持バイアス」と言い、

 

人間には、労力を掛けた末に失敗することを恐れ、

 

自身の状況を大きく変えるような決断を避ける傾向がある。

 

大事な作業の前に、

 

急に部屋の掃除など、些末なことをやり始めるのも、

 

万一、作業に失敗した時に“十分な時間がなかった”と、

 

自分に言い訳できるからだという。

 

この“先送り傾向”を打開する方法の一つが

 

「まず始めてみる」。

 

始めることで、目標に着実に近づく手応えが得られ、

 

達成への好循環が生まれる。

 

一歩でもいい。自身の目標へ行動を始めよう。

前の記事

結末が分からない人生

次の記事

真珠