はじめに行動ありき

聖書に「はじめに言葉ありき」という言葉がある。

 

ゲーテが『ファウスト』で、この言葉を少しだけ変えて、

 

「はじめに行動ありき」と改めたのは有名な話だ。

 

行動こそ一切の出発点だからだ。

 

 

 

 

「やる気がでないから、学習できません」

 

という生徒がいる。

 

では、いつやる気が出てくるのだろうか。

 

恐らく、いつになってもやる気は出てこないだろう。

 

やる気というのは、

 

行動している中でこそ

 

うまれてくるものなのだ。

 

最初は気分が乗らないこともあるかもしれない。

 

でも、やっているうちにだんだんとやる気になってくる。

 

 

 

「はじめにやる気ありき」ではない。

 

「はじめに行動ありき」なのだ。

 

 

 

 

 

 

さて、話は変わって、一枚の写真の紹介。

 

幸せそうだな。

 

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト、屋外

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

野球は冬のスポーツ

次の記事

優越感