はかりと物差し

はかりは、物の重さを量れるが、

 

自分の重さは量れない。

 

物差しは、物の長さを測れるけれども、

 

自分の長さは測れない。

 

江戸時代の儒学者・佐藤一斎の言葉である。

 

含蓄があると思う。

 

 

他人と比較することで、

 

自分を知ることはできない。

 

当たり前の話だが、

 

ともすると忘れがちだ。

 

数値だけで「人間」を推し量ることはできない。

 

人が秘める可能性の力は多彩だ。

 

 

歴史に名を残したチャーチルやガンジー、

 

アインシュタイン、レントゲンなどは、

 

若いころは落第生だったり、

 

劣等生だったりしたという。

 

しかし、彼らには共通することがあった。

 

それは「自分で自分をあきらめなかった」ということ。

 

決して自分を小さく量ったりはしなかったのだ。

 

よく「自分はまだまだ」と言う。

 

私たちは、その言葉を、

 

自分で自分に見切りを付ける時に使いがち。

 

そうではなく、着実に粘り強く前へ進もうとする「不屈の言葉」にしたい。

前の記事

凡事徹底

次の記事

友情