ねばること

「世界のクロサワ」と仰がれた黒澤明監督が、

 

映画作りの原点にしていた思い出がある。

 

初めて監督を務めた映画「姿三四郎」の決闘シーンを撮影した時のこと。

 

現場には猛烈な風が吹いていた。

 

過酷な状況ゆえに、1時間が2時間にも3時間にも感じたという。

 

もう十分に撮影したと思い、切り上げたが、

 

それは錯覚だった。いざ編集の時に見ると、

 

撮り足りないところがたくさんあった。

 

以来、氏は、仕事に臨む姿勢を改めた。

 

「酷しい条件下では、もう充分だと思っても、

 

その後、それまでの三倍はねばる事にしている。

 

やっとそれで充分なのだ。

 

山登りは、頂に近づくほど、強風、低温、低酸素と、条件は過酷さを増す。

 

同じように、受験ももちろんだが、人生におけるさまざまな挑戦も、

 

到達点を目前にした時こそ、

 

最大の勢いと細心の注意が求められる正念場だ。

 

最後まで、必死の一念を貫けるかどうか。

 

そこに事の成否がかかっていることを忘れまい。

 

 

 

 

 

 

 

さて、話は変わって夏休みについて。

 

全国の多くの学校では夏休みが短縮される。

 

うちの塾のあたりでも夏休みは8月から始まる。

 

埼玉県内で最も短いのは8月8日から17日までの

 

狭山市、杉戸町、八潮市だ。

 

それを大きく下回るところがあるらしい。

 

それにしても、夏休みが4日間って短すぎないだろうか?

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200719/k10012522851000.html

前の記事

真珠

次の記事

もう少し、あと少し