つけ麺屋と辻本塾の共通点

ときどき食べに行くつけ麺屋さんがある。

 

小さな店内で10名ほどで満席になる。

 

その店のつけ麺が好きだ。ラーメンもおいしい。

 

客足はあまり絶えることがない。

 

オープン当初はアルバイトもいたのだが

 

現在は店長さん一人で全て切り盛りしている。

 

忙しそうに動き回る。

 

だからなのだろう

 

客は食べ終わったら

 

食器をカウンターに上げて

 

テーブルをきれいに拭いてから帰る。

 

ほぼすべてのお客さんが当たり前のようにそうしてから店を出る。

 

 

 

少しでも店長さんの負担を軽くしようということなのだろう。

 

店長さんは笑顔で

 

「いつもありがとうございます。」

 

そう言われて

 

お腹だけでなく

 

なんだか心も満たされた気分でいつも店を出る。

 

 

 

辻本塾では

 

消しゴムのカスを

 

床に落とす生徒はほとんどいない。

 

わざわざゴミ箱に捨てに行ってくれる。

 

これって

 

あのラーメン屋さんの客と同じかな。

 

掃除の負担を軽くしようとしてくれているのかな

 

いつも本当にありがとう!

 

 

前の記事

本日のノート大賞

次の記事

中国の教育