たくましさとしなやかさ

今回のパンデミックもそうですが、

 

人類が現在直面している問題、

 

例えば地球の温暖化、

 

世界各国における国民の分断と対立の激化などには、

 

正解と言い得る対処法はありません。

 

これらの正解のない問題の解決策は、

 

自分の頭で考えていくしかありません。

 

私たちは学ぶことにより、

 

未知の問題に挑戦するとき、

 

どのように頭脳を使っていくのかを身に付けると思います。

 

学問には、文字ができてから約5,000年間の人類の経験のエッセンスが詰まっています。

 

それでも、人類が経験したことのない問題への解答は、記されていません。

 

しかし、人類の経験のエッセンスは、必ずや問題解決のヒントを与えてくれるでしょう。

 

未来を生きる子どもたちは、自分の頭で考え、

 

問題解決への仮説を立て、根拠を示して検証してください。

 

それを実行する力は「たくましい知性」です。

 

もうひとつ、言語、宗教、民族習慣、文化の異なる人のことも理解できる「しなやかな感性」も大切です。

 

他者を思いやる気持ちを抱いてこそ、社会に、そして人類に貢献できるのです。

 

「たくましく」知性を磨き、また他者を思いやれる「しなやかさ」を育むことは、どちらも大切な両輪です。

 

バランスよく鍛えていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

対話

次の記事

テスト