ずっしりと重いリュック

先週、教え子が遊びにきてくれた。

 

遠回りして学校帰りに寄ってくれた。

 

昨年の今頃は、受験のプレッシャーの中

 

ひたむきに

 

おおらかに

 

努力を重ねていた子だ。

 

実力は十分ある

 

努力もたくさんできる

 

でも

 

自分に自信が持てない性格でもある。

 

 

 

印象的なのが

 

当時彼女の背負っていたリュック。

 

テキストなどがパンパンにつまっていた。

 

試しに持たせてもらったことがあるのだが

 

片手では辛いくらいの重さがある。

 

必要なものを全部持ってこなければ気が済まない性格。

 

そういうのは嫌いじゃないけど

 

重すぎるでしょ。

 

リュックの重さでは1、2を争っていた子だ。

 

もうひとり

 

重いリュックの

 

不器用だけど

 

ひたむきに努力ができる子がいた。

 

どっちが重かったのか

 

比べたことはなかったけれど

 

2人とも相当な重さだった。

 

本当にリュックの肩紐がちぎれそうなくらいだったから。

 

 

 

学校帰りに来てくれたので

 

まさか今でもと思い

 

リュックを持たせてもらった。

 

やはりズシっと重い。

 

あの時ほどではないが相当な重さだ。

 

あまり変わっていないんだね。

 

 

過去のことや現在のことを話し込んで

 

気がついたら

 

かるく数時間くらい経過していた。

 

 

また来ると言って帰っていった彼女は

 

充実した高校生活を送っているようだ。

 

 

学校でトップを目指そうよって声を掛けたら

 

案の定

 

謙虚な答えをしてきたね。

 

でも、できるよ。きっと。

 

部活、紫苑祭実行委員、SSH、勉強にいろいろと全部ガンバレ!