ごまかし

二宮尊徳は、要領よく仕事をこなす者より、

 

“人のために”との心で、

 

皆が嫌がる仕事にも、懸命に励む者を高く評価した。

 

尊徳が、荒廃した村の再建を任されていた時のこと。

 

“信じられないほど多くの仕事をする”男を紹介された。

 

彼を表彰してはどうかと促された尊徳は、

 

「私の目の前で働いてみよ」と命じた。

 

男は偽りを認め、

 

「監視役員の見ている時だけ懸命に働いた」

 

と白状した。

 

どうして、尊徳はごまかしを見破ることができたのか?

 

それは、彼が村人たちと苦労を共にしていたから。

 

誰よりも早く畑に出て働き、

 

最後まで残った。

 

一人の人間ができる仕事の限界を知っていた。

 

だから嘘を見抜くことができたのだ。

 

 

 

下積み時代の苦労を否定する意見もある。

 

苦しい時は、短いに越したことはないと思う人は多いだろう。

 

特に自らが苦労した人ほどそう思うかもしれない。

 

しかし、誰よりも苦労をした人は、

 

誰よりも“現場”を知っているから、

 

賢明な判断ができる。

 

 

 

「苦労は買ってでもしろ」という言葉が好きだ。

 

がんばる人はえらい人、

 

がんばり抜いた人はしあわせな人だと思う。

 

前の記事

ノーベル賞

次の記事

音楽