お泊り

小学生の塾生がうれしそうに言っていた。

 

「友だちの家にお泊りに行くんだ」

 

私自身の小学校時代のことを思い出した。

 

友だちの家に泊まりに行くのは

 

何日も前からワクワクすることだったなあ。

 

 

 

 

大人になって分かったこともある。

 

よその子を預かることは、

 

大人にとっても学べることが多いのだということ。

 

 

 

江戸時代後期の農民指導者の大原幽学。

 

ある期間、わが子を他家に預けたり、

 

預かり合ったりする「預かり子教育」を実践した。

 

“他人の飯を食わせる”ことが主な目的だが、

 

別の大きな狙いがあった。

 

わが子と同様、

 

地域の子どもたちにも愛情を注ぐよう、

 

大人たちの意識転換を図る取り組みだった。

 

 

 

ご家庭同士の事前の連絡のやり取りなど

 

煩わしいこともあるだろう。

 

でも、小学生や中学生時代のお泊りは

 

それ以上に得られるものが大きいと思う。

 

先ほどの生徒は、

 

思いっきり楽しんでくるといい。

 

 

 

 

さて、話は変わって面白いGIFの紹介。

 

目が回ってしまった。

 

 

前の記事

希望

次の記事

虎の巻