いのちを育む

肥料と農薬を使わない、おいしい果物・野菜作りを提案・実践する農学博士がいる。

 

植物が持つ本来の力を最大限に引き出す自然農法で、

 

持論は「いのちは上へ上へと伸びる」だ。

 

例えば、果樹の剪定(枝を切る作業)は、

 

新しい芽が上へ上へと伸びるように行う。

 

植物ホルモンのバランスを整え、

 

いのちの力を引き出す大切な作業だという。

 

彼は国内のみならず、海外へも農業技術指導に赴き、

 

実績を重ねている。

 

ある教育セミナーで、教師や大人に望まれる、

 

子どもへの五つの関わり方を紹介していた。

 

①信じぬく

 

②ありのまま受け容れる

 

③励まし続ける

 

④どこまでも支える

 

⑤心をつなぐ

 

膨大な教育実践記録を分析した結論という。

 

講師は訴えた。

 

「一生懸命に生きていない子どもなど、ただの一人もいません。

 

今がどんな状況であろうと、必ず変わります」

 

農業と教育に、共通しているのは、「いのちを育むこと」。

 

大切なのは、「いのちの力」を信じ抜き、

 

どこまでも関わり続ける忍耐と努力だろう。

 

時間はかかるかもしれないが、

 

心を砕いた分だけ、必ず結果は出る。

 

私がいのちにある「宝」を疑わない限り、いくらでも伸ばしていけると確信している。

前の記事

幸せの因

次の記事

雑用