ありがとう

いきなりクイズを一つだします。
答えを考えてみてください。
では、いいですか。
「ありがとう」の反対語は何でしょうか?


ありがとうの反対語、

今まで考えたことあるでしょうか?

 

ヒントは5文字。

 

「ありがとう」は漢字で書くと「有難う」と書きます。
「有難(ありがた)し」という意味です。

あることがむずかしい、まれである

めったにない事にめぐりあう
すなわち、奇跡ということです。

奇跡の反対は、「当然」とか「当たり前」

つまり、
答えは「あたりまえ」です。
我々は、
毎日起こる出来事を
当たり前だと思って過ごしています。
歩けるのが、あたりまえ
目が見え、耳が聞こえるのが、あたりまえ
手足が動くのが、あたりまえ
毎朝目覚めるのが、あたりまえ
食事ができるのが、あたりまえ
息ができるのが、あたりまえ
友達といつも会えるのが、あたりまえ
学校に行くのも、あたりまえ
うまれてきたのが、あたりまえ
そして…

生きているのが、あたりまえ。

しかし、
こんな当たり前だと思うことが
本当は奇跡の連続なのです。
「有ること難し」
 
感謝の気持ちで今日を過ごしてみましょう。
それは当たり前ではありませんよ。

前の記事

ゆけばわかるさ

次の記事

和敬清寂