あと2週間で9月がやってくる!

カレンダーを見てください。8月はあと2週間で終わりますね。

 

早いものです。夏休みなんてあっという間です。

 

中3生ならば、第4回北辰テストが迫っていますね。

 

9月は怒涛の如く過ぎ去っていくのでしょう。

 

念のために確認しますと、

 

高校入試が始まるまで、あと約5ヵ月です。(私立入試解禁日は1月22日)

 

 

 

5ヵ月で何ができるかと言いますと・・・・・

 

思いだしてください、

 

 

 

3月下旬の自分を。

 

 

 

 

 

 

あれから5ヵ月が経過しました。

 

 

 

 

 

どれだけ成長できたのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

今から5か月後の自分は・・・・・

 

 

 

 

 

 

劇的な変化でもない限り、

(今現在の自分 - 3月下旬の自分)+ 現在の自分

という姿が予想できます。

 

 

 

本当にそれで大丈夫ですか?それでいいのですか?

 

 

 

 

大丈夫って人は多くないでしょう。

 

 

 

じゃあ、どうする?

 

 

 

 

答えは一つ。

 

 

 

 

ヤロウよ、本気で。最優先にして、寸暇を惜しんで。

 

 

 

 

 

 

以下、具体的な話をすこし。

 

中3受験生が、現状手が届かない志望校にチャレンジしたいならば、

①北辰テストで結果を出す

②通知表(調査書)で結果を出す

の両方、場合によってはどちらか一つが必要です。

そうでなければ、塾の先生は無謀なチャレンジだと判断するでしょうね。

どういう伝え方をするかはわかりませんが。

 

①の北辰テストは、私立高校の相談のための要素が強いですが、

公立志望・私立志望のどちらにしても、私立高校の受験は必要です。

公立志望ならば、例えば、川越高校にチャレンジしたいのとき、

川越東高校普通科の基準は越えておきたいところです。

川越女子高校ならば星野高校のα選抜か文理特進はおさえたいところです。

というよりもそれを越えることが第一のハードルと言ってもいいでしょう。

それより下もいますけれど、ギリギリを目標にはできません。

 

合格した先輩受験生たちの圧倒的多数がこのハードルを越えたうえで入試に臨んでいます。

併願校を限定しているわけではありません。この基準が越えられたうえで、他校を受ければいいのです。

あくまでバロメーターとして考えてください。

こういうバロメーターは学校ごとにあります。

 

2学期に4回ある北辰テスト。

4回目の12月は、結果が帰ってくるのが年末に近いですし、淑徳与野は資料にしていないですし、最後の手段のように考えておいたほうがいいかもしれません。

なので、2学期の北辰テストは実質3回と考えましょう。

そして、そのうちの2回は9月末までに実施されてしまうのです!

分かりますか。

今が正念場だということを。

 

 

②の通知表にしても、10月に中間テスト、11月に期末テストですよね。

すぐですよね。今から切れ目なんかなくやらなければ結果は出ませんよね。

テスト勉強をいつ始めるの?

答えは聞かなくてもわかりますね。

繰り返しますが、今が正念場です!

 

今を何となく過ごして、先送りにすることはできます。

少しだけやったり、中身なくだらだらやっているつもりになることもできます。

でも、本当にそれでいいのですか?

でも、それも11月の下旬まで、いや粘っても2学期いっぱいでしょう。

 

 

全部で100ある力のうち、いったいいくつくらい合格のために使っているのでしょうか。

私はそういうアンケートをとります。

「今の自分のガンバリを100点満点で評価してください」って。

何点以上とれば合格だという答えはないけれど、自分を客観視する機会になればと思いながら。

何点取れたら、夢がかなうのでしょうか。現実を直視してみましょう。

 

 

 

 

話は変わりますが、高校の文化祭の話です。

文化祭の日程はかぶりが多いため、はしごしましょうね。

以下のリンクで日程を確認して、スケジュールを組んでください。

https://www.hokushin-t.jp/bunkasai/bunkasai.html