あっという間に

「一月往ぬる二月逃げる三月去る」という。

 

受験に関わる仕事をしているとこの言葉が身に染みる。

 

行事が多く、あっという間に時間が過ぎるのがこの3カ月だ。

 

 

 

 

 

文豪ゲーテの詩に

 

「わが時を短くするものは何ぞ 活動

 

堪えがたく時を長くするものは何ぞ 怠惰」とある。

 

時間の概念にはクロノス(時計が刻む時)

 

とカイロス(精神的な時)があり、

 

ゲーテは後者を重視した。

 

ただ忙しければ良いわけではない。

 

「今」という瞬間を真剣に生きる中に、

 

真の充実と幸福があるとの洞察だろう。

 

大切なのは刻々と流れる時間を何のために、

 

どう価値的に使うか。

 

 

 

 

 

新しい年は始まってはや半月が過ぎた。

 

この半月のカイロスはどうだっただろうか。

 

ここで振り返ってみてほしい。

 

今年残されたのは

 

あと半月×23セットだけなのだから。

 

何事も最初が肝心だ。

 

もし今年最初の1セットが

 

学力的向上のない1セットだとしたら

 

あまりにももったいないことだ。

 

なぜならば

 

このままいけば残り23セットも

 

同様になってしまうからだ。

 

自分がどのくらい成長したいのか

 

考えてほしい。

 

そしてそれに見合った日々の努力を始めよう。

 

そうでなければ

 

時間が空しく過ぎていくだけだ。

コメントを残す

前の記事

心の庭

次の記事

頼る心