あきらめない

「アンパンマン」の原作者・やなせたかし氏は、あきらめない人だった。

やなせ たかし(著者詳細情報) | 絵本ナビ | 作品一覧・プロフィール

氏は30代で漫画家としてデビューしたが、

 

ヒット作に恵まれず、焦燥の日々が続いた。

 

50歳で「アンパンマン」を描き始め、

 

子ども向けに絵本化もされたが当初の評判は散々。

ニュース知りたいんジャー:やなせたかしさん生誕100年 正義問い続け | 毎日新聞

この時、あらためて「自分は何のために生きるのか」を真剣に考えた。

 

“人を喜ばせることだ”と思い至った時、

 

気が楽になり、ペンを握る手に再び力がこもった。

 

 

 

そして69歳の時、

 

アニメ化された「アンパンマン」が爆発的な人気に。

国民的作品を生んだ氏は言った。

 

「あきらめないでひとつのことを思いを込めてやり続けていると、

 

ちゃんと席が空いて、出番がやってくる」

 

 

 

何事も、最初から、うまくいく人などいない。

 

努力を重ねても、なかなか思うようにいかないのが現実だろう。

 

そんな時は、浮き足立たずに「何のため」という原点に立ち返る。

 

心新たに、再び行動を開始する。

 

何度も決意し、何度も挑戦を繰り返す中で人生の活路は開かれる。

 

忍耐強く挑む人が、最後に勝つ人である。

コメントを残す

前の記事

パッション

次の記事

尽己竢成