「アマゾンが地球の酸素の20%を生産」

地球上の多くの場所で大規模火災が発生している。

地球環境にとって大打撃の出来事だ。

アマゾンが燃えている。

これは現在進行形の話だ。

こうしている瞬間も燃え広がっているわけだ。

その事実を伝えるときに、「アマゾンが地球の酸素の20%を生産」するとか「地球の肺」とかと表現されることも多い。

 

しかし、この表現はどうやら間違いのようだ。

『この主張は米CNN、米ABCニュース、英スカイニュースなどの報道で取り上げられたほか、フランスのマクロン大統領や、米上院議員で2020年の大統領選に出馬表明しているカマラ・ハリス氏、俳優で環境保護活動家でもあるレオナルド・ディカプリオ氏など、政治家や著名人のSNSでも散見された。また、アマゾンの森林は「地球の肺」という表現も、同じようによく使われている。

アマゾンの火災によって世界の酸素供給が危機にさらされるとまで考える人もいた。元宇宙飛行士のスコット・ケリー氏は先週、「生き残るためにはO2が必要です!」とツイートした。

だが、この20%という数字は、まったくの過大評価だ。むしろ、ここ数日で複数の科学者が指摘したように、人間が呼吸する酸素に対するアマゾンの純貢献量は、ほぼゼロと考えられる。

「アマゾンを保護すべき理由はたくさんありますが、酸素を理由にするのは的外れです」と米マサチューセッツ州にあるウッズホール研究センターでアマゾン・プログラムの指揮をとる地球システム科学者マイケル・コー氏は述べる。』

 

リンク1

 

リンク2

 

 

アマゾンは地球にとってとても大切なかけがえのない場所。

大切に守るべきだ。これは間違いない。

しかし、「20%だろうが肺だろうが何だろうが、どっちでもいいじゃないか。大切だったら守るべきでしょ。それだけいいじゃないか」という理屈は罷り通るべきではない。事実と異なることを論拠にするのは明らかにおかしい。

 

ネットにより膨大なデーターが身の回りにあふれかえっている。

テレビ局だって、大統領だって鵜呑みにして間違いを犯す。

何かを盲目的に信じてしまう多くの人々も同じ間違いをしている。

 

それは、まるで「ロバを売る親子」のように、盲目的に他人の言うことに依存しているから。

「疑う力」って今後ますます大事になってくるのだろうな。

前の記事

文化祭

次の記事

Never quit!