大事なチカラ

小学生と中学生の学習で

 

一番大切なチカラとは何でしょうか。

 

「記憶力」

 

「頭の回転の速さ」

 

「地頭のよさ」

 

「遺伝」

 

などなど

 

いろいろ考えられると思いますが、

 

私が思うに

 

その中で一つだけを上げるとすると

 

自分で学習するチカラではないでしょうか。

 

中学・高校受験では難関校と言えどもそんなに難しい問題は出ません。

 

そして受験はパターンだと言えます。

 

パターンをやりつくせば合格点は容易にとれます。

 

それよりも、小学生や中学生にとって

 

学習よりも楽しくて

 

はまることはたくさんあります。

 

また、学習を始めるにも

 

部屋が散らかっているのが気になるとか

 

眠くなってきたとか

 

お腹がすいてきたとか

 

学習から逃げることを

 

考えてしまうこともあります。

 

そんな中、いさぎよく、スパーっと

 

学習を始めてしまうチカラ、

 

分からない問題に出会ったときにも、

 

逃げずに続けられるチカラ、

 

弱い自分に負けないで、

 

大切なことを成し遂げるチカラ。

 

 

これって小中学生がこれから成長していくうえで

 

一番大切なチカラなのではないでしょうか。

 

 

 

コロナで自宅学習を余儀なくされている今、

 

このチカラを鍛えるまたとないチャンスです。

 

やらされる学習よりも

 

自らやる学習のほうが数倍価値があります。

 

苦労は買ってでもしろと言いますが、

 

こんなチャンスは人生で後にも先にも

 

今だけのはずです。

 

逃してしまうと

 

本当にもったいないです。

 

後悔しても戻っては来ません。

 

明日から気持ちを入れ替えて頑張ってみませんか。

 

 

最後に私の大好きな言葉を紹介します。

 

「チャンスなんて

 

そうたびたび

 

めぐってくるものではないわ。

 

だから、

 

いざめぐってきたら

 

とにかく

 

じぶんのものにすることよ。」

 

オードリー・ヘップバーン

 

前の記事

模試

次の記事

元子どもの悩み