レンズと鏡

17世紀の科学者ガリレオは、

 

土星には「耳」があると言った。

彼の望遠鏡のレンズは、たった4cm。

 

星がはっきり見えず、

 

土星をぐるっと囲んでいる「環」を

 

「耳」だと思ったらしい。

土星のような環を木星が持たないのはなぜか、その理由に迫った研究成果 | ガジェット通信 GetNews

 

 

 

レンズや鏡が小さいと、

 

どんな大科学者でも判断を誤る。

 

 

 

 

 

それは「心の鏡」も同じかもしれない。

 

自分ひとりしか映らない〝小さな鏡″や、

 

少し先もぼんやりする〝曇ったレンズ″では、

 

本当の姿は見えない。

 

 

 

 

 

自分のことしか考えていないようじゃだめだ。

 

家族のこと

 

友人のこと

 

まずは身の回りの人たちのことをもっとよく考えてみる。

 

人は一人では幸せにはなれないのだから。

 

そして、

 

世界を広げていく。

 

他人の評価など気にせずに

 

自分の目で見て、自分の耳で聞いて考える。

 

世界を広げて

 

他人を思いやって

 

自分を鍛えて

 

世の中のために貢献できる人間になろう。

 

そうすることで

 

自身のレンズや鏡も成長していくのだから。

 

コメントを残す

前の記事

長所も短所も

次の記事

japan