ルーティーン

創造的な人生を送りたいなら、

 

型にはまった生活を送ることが助けになる。

 

逆説的に聞こえるが、一つの真理である。

 

 

一日の使い方を固定することは、限られた時間を最大限有効活用するためにも必要な作業だろう。

 

仕事に集中する時間は、ゲーテは朝型だが、親友シラーは夜型だった。

 

ユゴーは夜明けとともに起き、午前11時まで執筆した。

 

反対にバルザックは午前1時に起き、朝まで書く“深夜型”の生活だったという。

 

 

時間の使い方だけではない。

 

アップルの創業者スティーブ・ジョブズは、

 

「毎朝必ず鏡を見て、”今日が人生最後の日だとしよう。

 

自分が今日やろうとしていることは、

 

果たして自分のしたいことだろうか?”と自問する。

 

答えが”NO”の日が続けば、

 

何かを変える必要があると悟り、計画を見直すようにしていた。」

 

あとは、着る服を選ぶことに時間をかけたくなかったので、

 

黒のタートルネックをいつも着たというのも有名だ。

 

 

 

さて、1学期もそろそろ終わりが見えてきている。

 

成長の夏休みもあと少しでやってくる。

 

型にはまった「規則正しい生活」、

 

それも「学習を中心に据えた生活」を過ごすチャンスだ。

 

さっそく計画を立てて挑戦してみよう!

 

 

 

 

前の記事

ゆず

次の記事

新聞