サッカー

新型コロナウィルスの影響で様々なスポーツの試合も

中止されていますね。

ニュースでプロサッカーの現状が放送されていました。

サッカーは全世界に熱狂的なファンがいて、

サッカーから元気をもらっている人も多いですから、

試合が待ち遠しいですね。

 

私自身も学生時代にサッカーをしていたサッカーファンです。

当時から試合を見て力をもらっていました。

地球の裏側で行われた試合も

深夜にテレビにかじりついて

見たこともありました。

1994年にアメリカで行なわれたワールドカップもその一つです。

決勝戦はブラジル対イタリアでした。

PK戦でブラジルが3人決め、

イタリアの選手が外せばブラジルの優勝が決まってしまう

という大切な場面。

蹴るのは「イタリアの至宝」と呼ばれたロベルト・バッジョ選手でした。

バッジョ選手は私の一番好きな選手です。

世界一が決まる大事な、大事な一本。

 

 

しかし、バッジョの蹴ったボールは無情にもゴールの枠を上に外れ、

その瞬間ブラジルの優勝が決まります。

↑(バッジョのPKシーンは2分20秒から)

 

PKを外したバッジョはこんなことばを残したといいます。

「PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持った者だけだ。」

 

 

バッジョのことばの裏には、きっと、こんな考えがあったのでしょう。

失敗するのは恥ずかしいことではない、

むしろ、失敗を恐れてボールを蹴らない、

チャレンジしないことの方が、恥ずべきことであると。

今だから言えることは

あのPKが決まっていても

決まっていなくても

ロベルト・バッジョは

私にとってのヒーローであることに

変わりがないし、

あのPKを蹴ってくれたからこそ

失敗を恐れずに

行動するべきことの大切さを

学べたのだと思います。

失敗は行動をおこしたものにしかできません。

これは本当に大事なことですね。

失敗を恐れずぶつかっていく春到来ですよ。

前の記事

学習するとお腹が減る

次の記事

同じ事実